びわ湖マルシェ|第1回開催レポート
びわ湖のほとりに、マルシェが生まれた日

 さわやかな風が頬をなでる大津港のほど近く。なぎさ公園の「おまつり広場」周辺で、チェキポンがプロデュースする第1回「びわ湖マルシェ」を3月29日に開催しました。

 朝9時前。県内外から軽トラックやワゴン車が次々にやって来て、商品を搬入。30分もすると会場にみずみずしい無農薬野菜やおいしそうな焼きたてパン、かわいい雑貨などが並び、いよいよ「びわ湖マルシェ」がスタート!

 オープン直後からお客さんが集まりだし、活気を帯びていくマルシェ。客足は止まることなく、出店者さんの中には、たったの1時間で主力の野菜が売り切れてしまった店舗もあったほど。ほかにも、パン屋さんやキッチンカーも品切れが相次ぎ、「こんなに人が集まるイベントだったら、もっと商品を持ってくればよかった」と話す生産者の方もいらっしゃいました。

 お昼からは、うさぽんをはじめご当地キャラが会場を練り歩いたり、FM滋賀の公開生放送で、パーソナリティのKINAKOさんが会場を盛り上げてくれたりと、たくさんの笑顔で会場が埋めつくされ、いっそう楽しいイベントに。当日の来場者は約7000人だったそう。次回のマルシェは6月22日(日)に開催いたしますので、見逃したという人は必ずチェックを。色とりどりの野菜や果物など、わくわくするような出合いがきっとありますよ。



外国人の方もマルシェに興味津々

1時間で売り切れたトマト

当日はボランティアさんも大活躍